読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャルの心の端書き置き場

短くは書けないそんなあれこれを

「京都寺町三条のホームズ」の第2巻を読み終えて、葵ちゃんと清貴さんの関係に思うところ

 外の装いも少しずつ秋になりつつありますね、と外に出て雲の形の変化、虫の声やそして陽の長さを見て思う僕です。

 葵ちゃんは初めて清貴さん(ホームズ)のいる蔵(彼の一家が経営する骨董品店の名)を訪れて、心情を見透かされて埼玉に残してきた彼氏の裏切りに対して覚えた切なさや怒りなどの感情をついに吐露し泣きくずれるシーンを読んで、僕はこの本にまず惚れ込んだのです。綺麗で、僕の胸に切なさを覚えさせる描写だと思って。

 その後、葵ちゃんは蔵で働くことになり、清貴さんに連れられて多くの真贋様々な美術品を間近で見ながら、それぞれの美術品を持つ人たちの心の詰まったエピソードに触れ合う物語が質感のある等身大の描写で描かれています。陳腐な僕の語彙力では到底表現できないですね……。

 葵ちゃんの目線で物語は主に進んでいくので、もう清貴さんがイケメンに描かれること描かれること!言葉巧みで毎度同じ表現ではないものですから、僕もそろそろ清貴さんに惚れるのではないだろうか、と。「いけずな京男子」な清貴さんは表の誰にでも品行方正で紳士、そして尚且つ知識人な一面と、京都のような華やかな歴史の裏にある真っ黒な部分の二面性に葵ちゃんがクラクラ、ドキドキしています。その緊張はしばしば心臓が破裂しそうという表現で書かれています。

 葵ちゃんは今まで周囲には決していない存在である清貴さんに心が靡いています。もちろん失恋のあとに、ああして手を握られたり葵ちゃんの心をしっかり理解した上で優しい言葉をかけてくれる「理想の男」たる清貴さんに靡かない女子はそうそういないと思いますし。でも、確固たる恋心でもないと葵ちゃんはどうも思っていて、恋人同士に見えるという他者の評価には猛烈に否定してます。寧ろその行為は疑惑を肯定しているようにしか見えない、自分の気持ちになかなか正直になれてないように読者には見えるのです。早く恋心を自覚して、それを清貴さんに感じ取られてしまって、告白してしまえばいいのになんてね!

 

 ここから少し第二巻の最終章のある描写に触れます。読まれる方はご注意を

 

 そして、僕がこれを書きたいと思ったきっかけたるは第二巻の最終章!なんでも明快にハキハキされている清貴さんが葵ちゃんの手を握って言葉に詰まるシーンには、僕は息を止めて心臓が破裂しそうな思いで読んでいました。しかし、しっかり邪魔が入るお約束な展開にほっと一息吐いた僕は、実は残念に思ったり思わなかったり……。

 

 葵ちゃんと清貴さんはお互いに相手を特別視していますし、そのお互いを大事にしている感情が恋心に変化してもおかしくないと僕は思ってます。いや、5巻まで出ているのでそこまで読めばよかろう、と思っても言っちゃダメですよ!

 

 僕は好きな人には極力素直でいたいです。想いまでは伝えられないんですけどね……。

 

 そんなこんなでまた1100字を超えてしまったので、今回はここまでに。また次回も貴方に出会えることを祈って。ルンルン♪